+8618117273997ix新
英語
中文简体 中文简体 en English ru Русский es Español pt Português tr Türkçe ar العربية de Deutsch pl Polski it Italiano fr Français ko 한국어 th ไทย vi Tiếng Việt ja 日本語
08 7月、2024 40ビュー 著者: チェリー・シェン

コネクタ業界における材料管理に関する RoHS 2.0 仕様の詳細説明

現代の製造業において、コネクタは電子機器、自動車産業、通信機器に広く使用されている重要な部品の1つです。製品の安全性、人間の健康、環境保護を確保するために、 RoHS 2.0(有害物質の使用制限) この指令は、コネクタ業界における材料管理に厳しい要件を課しています。この記事では、金属材料、プラスチック材料、およびそれらの表面処理に関する RoHS 2.0 の特定の管理要件について詳しく説明します。

コネクタ業界における材料管理に関する RoHS 2.0 仕様の詳細説明

RoHS試験装置 EDX-2A

金属材料の管理要件
コネクタ製造では、導電部品や機械構造に金属材料がよく使用されます。RoHS 2.0 指令では、金属材料に対して次の管理要件が規定されています。
• 鉛フリー要件: 金属原材料は鉛フリー要件に準拠する必要があります。鉛は有毒物質であり、長期間曝露すると深刻な健康リスクをもたらします。鉛汚染を防ぐため、RoHS 2.0 では金属材料への鉛の使用が明示的に禁止されています。
• 有毒物質および有害物質の禁止: 水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニルなどの有毒物質および有害物質は、金属原料には使用が禁止されています。これらの物質は、環境と人間の健康の両方に重大な悪影響を及ぼします。RoHS 2.0 の導入により、これらの物質の使用が削減され、生態環境と公衆衛生が保護されます。
• 環境保護対策: 金属材料の加工中は、粉塵、廃水、廃棄物の効果的な処理が必須です。金属加工中に発生する廃棄物の不適切な取り扱いは、深刻な環境汚染につながる可能性があります。企業は、廃棄物の排出を適正にし、環境汚染を最小限に抑えるために、高度な環境技術を採用する必要があります。

プラスチック材料の管理要件
プラスチック材料は、絶縁および保護部品用のコネクタに広く使用されています。RoHS 2.0 指令では、プラスチック材料に対して次の管理要件が規定されています。
• ハロゲンフリー要件: プラスチック材料はハロゲンフリー要件に準拠する必要があります。ハロゲンを含むプラスチックは高温環境で有毒ガスを放出し、人体や環境の安全にリスクをもたらす可能性があります。RoHS 2.0 では、有害ガスの排出リスクを軽減するためにハロゲンフリー材料の使用を義務付けています。
• 有毒物質および危険物質の禁止: プラスチック材料には、ビスフェノール A (BPA) やフタル酸エステルなどの有毒物質の使用が禁止されています。これらの物質は、接触または吸入により人体の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。プラスチック材料の危険物質含有量を厳密に管理することで、製品の安全性が確保され、ユーザーの健康が保護されます。
• 環境保護対策: プラスチック材料の加工中、企業は廃棄物と廃水を効果的に管理する必要があります。プラスチック加工中に発生した廃棄物を不適切に処理すると、環境汚染につながる可能性があります。企業は、廃棄物の排出を適正にし、環境への悪影響を最小限に抑えるために、環境技術を導入する必要があります。

金属材料の表面コーティングに関する管理要件
コネクタの金属材料には、耐腐食性と導電性を高めるために表面コーティングが一般的に施されています。 RoHS2.0 指令では、金属コーティングに対して以下の管理要件を規定しています。
1. 鉛フリー要件: 金属コーティングは鉛フリー要件に準拠する必要があります。鉛コーティングはかつて電気電子機器で広く使用されていましたが、環境および健康への危険性があるため、RoHS 2.0 では鉛コーティングの使用が明示的に禁止されています。
2. 有毒物質および有害物質の禁止: 鉛、水銀、六価クロムなどの有毒物質は金属コーティングでは禁止されています。これらの物質は環境に害を及ぼすだけでなく、加工中および使用中に人体へのリスクももたらします。金属コーティング中の有害物質含有量を厳密に管理することは、製品の安全性を確保し、人体の健康を保護するために不可欠です。
3. 環境保護対策: 金属コーティングの加工中、企業は廃棄物、廃水、その他の副産物を効果的に管理する必要があります。金属コーティング加工中に発生する廃棄物の不適切な取り扱いは、環境汚染につながる可能性があります。企業は、廃棄物の排出を適正にし、環境への悪影響を最小限に抑えるために、環境に優しい技術を導入する必要があります。

ビデオ

まとめ
RoHS 2.0 指令は、コネクタ業界における金属材料、プラスチック材料、およびそれらの表面処理に対して厳格な管理要件を課しています。RoHS 2.0 は、有害物質の使用を厳格に管理し、効果的な環境保護対策を実施することで、製品の安全性、人間の健康、持続可能な環境慣行を確保することを目指しています。企業は、製品が国際基準を満たし、市場の需要を満たすように、材料の選択と処理の際にこれらの規制要件を厳守する必要があります。

タグ:

伝言を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です*

=