+ 8618917996096
英語
中文简体 中文简体 en English ru Русский es Español pt Português tr Türkçe ar العربية de Deutsch pl Polski it Italiano fr Français ko 한국어 th ไทย vi Tiếng Việt

一定温度積分球

製品番号:IS- * MT

見積書を

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です*

  • 説明
  • 動画
  • IEC規格の要件によると、標準試験温度は25℃です。 しかし、HIDランプやLED屋外照明器具などの高出力ランプは、テスト中に大量の熱を発生するため、積分球内の温度はIEC規格の要件を満たすことができません。 LISUNは、球体内部の温度を25℃で安定に保つ恒温積分球(恒温球または温度制御積分球)を設計しました。

    仕様:
    •直径:IS-0.3MT(0.3m)、IS-0.5MT(0.5m)、IS-1.0MT(1.0m)、IS-1.5MT(1.5m)、IS-1.75MT(Φ1.75m)、IS -2.0MT(Φ2.0m)。 他のサイズはあなたの要求に従って設計することができます。
    •積分球の塗装材料は、CIE Pub.No.84(1989)に準拠しています
    •塗装材料はBaSO4コーティングです:ρ(λ)≥0.96(450nm〜800nm)およびρ(λ)≥0.92(380nm〜450nm)
    •細かい拡散反射:反射率ρ≈0.8および精度ρ(λ)<1.5%
    •E40 / E27、T5 / T8 / T12チューブ、およびLEDやその他の照明器具用のテストホルダーベース用の、すべての機能的なランプテストジグを組み込みます。 テスト対象のすべてのサンプルは、球体の上下方向にインストールできます。
    •電源ケーブル、電源端子、補助ランプの位置は内蔵されています(補助ランプはオプションです)。
    •電源ケーブルとソケットは組み込まれています。 テスト中のランプの電源を入れると便利です
    • 二 光検出器 ポート、XNUMX 光ファイバ ポートと温度センサーの穴が組み込まれています
    •一定温度制御範囲:25℃〜55℃(25℃の環境温度を参照):温度上昇許容範囲:±1℃および温度下降許容範囲:±2℃
    •ビルトインクロスレーザーは、積分球の中心に標準ランプとテスト対象ランプを設置するのに役立ちます。

    積分球用クロスレーザー

    アプリケーション:
    積分球は 分光放射計 測光、測色、放射測定パラメータの測定を行うには:
    •IS-0.3M / IS-0.5Mは、LED、LEDモジュール、ミニLED電球、その他の小型ランプ用です。 フラックス試験の範囲は0.001〜1,999 lmです。
    •IS-1.0MTは、CFLまたはLED電球用です。 フラックスのテスト範囲は0.1〜199,990 lmです。
    •IS-1.5MT / IS-1.75MTは、CFL、LED電球とチューブ、蛍光灯、CCFL用です。 フラックスのテスト範囲は0.1〜1,999,900 lmです。
    •IS-2.0MTは、HIDランプまたは高出力ランプ用です。 フラックス試験範囲は0.1〜1,999,900 lmです

  • 一定温度積分球

    ヴェディオ