+ 8618917996096
英語
中文简体 中文简体 русский русский Español Español トルコ語 トルコ語 アラビア語 アラビア語 en 英語pt ポルトガル語de ドイツ語pl ポリッシュko Koreanja 日本語it イタリア語fr フランス語th Thaiid Indonesianhr クロアチアcs チェコ語hi ヒンディー語
07月、2020 1156ビュー

最新のAmerican Energy Star IES LM-79-19標準の解釈

スペイン語版LM-79-19のダウンロード: ANSI / IES LM-79-19 MedicionesFotométricasyEléctricasde Productos deIluminaciónde EstadoSólido(SSL)

ANSI(American National Standards Institute)およびIES(Illuminating Engineering Society of North America)は79年19月にIES LM-2019-79標準の最新バージョンを正式にリリースし、LM-08-XNUMXバージョンを置き換えます。 LISUNは、新しい標準を次のように解釈しました。

1.テスト環境(標準のページ4.2.1 /ページ4.3 /ページ4.7の2 / 3 / 4)
1.1周囲温度:25℃±1.2℃
1.2湿度:10%-65%
1.3気流:0.2m / s

American Energy Star IES LM 79 19標準1

American Energy Star IES LM 79 19標準2

American Energy Star IES LM 79 19標準3

2.テスト回路の要件(標準の5.2.1ページの4):電源要求4端子接続、2端子電源、2端子フィードバック
American Energy Star IES LM 79 19標準4

3. AC電源(標準の5.1.2ページの4)
3.1負荷調整率:±0.2%
3.2精度要件:0.1%(読み取り値)+ 0.1%(範囲)
3.3例:ランプの電源が220Vでレンジが300Vの場合、実際の出力電圧は220V±0.26Vである必要があります
American Energy Star IES LM 79 19標準5

リスン LSP-500VAR純粋な正弦波AC電源 要件を完全に満たす、 こちらをクリック それについてもっと知るために。

4. DC電源(標準の5.1.3ページの4)
4.1負荷調整率:±0.2%
4.2精度要件:電流と電圧は両方とも0.1%
American Energy Star IES LM 79 19標準6

リスン DC3010デジタルCCおよびCV DC電源 要件を完全に満たす、 こちらをクリック それについてもっと知るために。

5. AC電力計(規格5.3.2ページの5、規格5.3.4ページの5)
5.1サンプリング周波数:1kHz-100kHz
5.2計器は、2Hzから0.6kHzの範囲の測定周波数に対して0.5%以下の拡張不確実性(k = 1)、2kHzから2.0kHzの範囲の測定周波数に対して1%以下の拡張不確実性(k = 100)を持たなければならない
5.3全高調波歪み測定2〜50回
American Energy Star IES LM 79 19標準7American Energy Star IES LM 79 19標準8

リスン LS2050デジタル電力計 要件を完全に満たします。 こちらをクリックしてください。 それについてもっと知るために。

6.測光プローブ(規格の7.3.2ページの9)
6.1コサイン角応答性f2(ε、φ)2%未満
6.2 f1 '3%未満

American Energy Star IES LM 79 19標準9

7.分光放射計(標準の7.3.2ページの9)
7.1 380-780nm
7.2 5nm以下の帯域幅
7.3 0.5nm以内の織りの不確実性
7.4感度:LM-78-17(標準の7.2ページの7)を参照

American Energy Star IES LM 79 19標準10

American Energy Star IES LM 79 19標準11

リスン LPCE-2高精度分光放射計積分球システム 要件を完全に満たし、 こちらをクリック それについてもっと知るために。

LPCE-2(LMS 9000)分光光度計および積分球テストシステム

8.ゴニオメーターの可変角度テスター(標準の7.3.3ページの9)
8.1ビーム角が20°未満のランプの場合:最大光度が100%〜50%の場合、1度以下の角度分解能を選択してください。 50%-10%の最大光度は、2度以下の角度分解能を選択します。 10%-0%の最大光度は、5度以下の角度分解能を選択します。
8.2ビーム角≥20°のランプの場合:100%-50%の最大光度は、2度以下の角度分解能を選択します。 50%-0%の最大光度は、5度以下の角度分解能を選択します。

American Energy Star IES LM 79 19標準12

American Energy Star IES LM 79 19標準13

リスン LSG-5000CCD 移動検出器のゴニオ分光放射計 要件を完全に満たし、 こちらをクリック それについてもっと知るために。

LSG-5000CCD移動検出器ゴニオ分光放射計

9.安定化要件(標準の6.4ページの7)
9.1少なくとも30分間監視する
9.2 20分間で取得した光出力と電力消費量を少なくともXNUMX回読み取ります
9.3変動(最大から最小)を最後の測定値で割った値が0.5%未満の場合、安定性が達成される

American Energy Star IES LM 79 19標準14

10.テストレポート(規格の11.1ページの12)
10.1テスト日とテスト組織
10.2製造業者の名前
10.3測定された光学パラメータ(例:全光束、放射束、光子束)
10.4電気値の測定(周波数を含むAC、またはDCの明確化)
10.5計算量(例:発光効率、角色の均一性)
10.6周囲温度
10.7測定条件。 球の測定:球の直径、コーティングの反射率、4πまたは2πジオメトリ。 ゴニオフォトメーター測定の場合:測光距離
10.8 SI(トレーサビリティのソース)
10.9自己吸収補正係数
10.10光度
10.11色度座標、CCT、CRI
10.12 ANSI / IES TM-30-18(Rg Rf、ローカルクロマシフト、ローカル色相シフト)
10.13スペクトル分布
American Energy Star IES LM 79 19標準15American Energy Star IES LM 79 19標準16

以下はのテストレポートです LPCE-2高精度分光放射計積分球システムLSG-5000CCD移動検出器ゴニオ分光放射計 テストシステム:

LPCE 2分光放射計積分球レポート

TM30レポート

LSG 5000ゴニオフォトメーターレポート

Lisun Instruments Limitedは2003年にLISUN GROUPによって発見されました。LISUN品質システムはISO9001:2015によって厳密に認証されています。 CIEメンバーシップとして、LISUN製品は、CIE、IEC、およびその他の国際規格または国内規格に基づいて設計されています。 すべての製品はCE証明書に合格し、サードパーティのラボで認証されました。

主な製品は ゴニオフォトメーター, 分光放射計, 積分球, LEDテスト機器, CFLテスト機器, 測光器および比色計, EMCおよびEMIテスト, サージジェネレータ, 電気安全試験, 環境試験チャンバー、IP 防水試験 装置、 防塵試験室, 高低温度湿度チャンバー, プラグアンドスイッチテスト, ACおよびDC電源.

サポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。
技術部: [電子メールが保護された]、Cell / WhatsApp:+8615317907381
営業部: [電子メールが保護された]、Cell / WhatsApp:+8618917996096

伝言を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 付いている欄は必須項目です*