+8618117273997ix新
英語
中文简体 中文简体 en English ru Русский es Español pt Português tr Türkçe ar العربية de Deutsch pl Polski it Italiano fr Français ko 한국어 th ไทย vi Tiếng Việt ja 日本語

UVエージングテストチャンバー

製品番号: UV-263LS

伝言を残す

=
  • 説明
  • ビデオ
  • ダウンロード
  • UV老化試験チャンバーは、太陽光、温度、その他の気候条件などの指定された条件下で、非金属材料、有機材料(プラスチック、塗料、コーティング、ゴムなど)の耐性性能を評価するために設計されています。太陽光などの自然光源や雨露害などの自然界のダメージを模倣した人工的な試験環境を作り、材料に与え、加速環境条件下での色の変化や退色の程度を評価します。 。このチャンバーは最高の UV 太陽光シミュレーションを提供し、使用と操作が簡単です。

    スタンダード:
    ISO-4892 1 「プラスチックを実験室の光源にさらす方法 パート 1: 一般的なガイダンス」
    ISO 4892-3 「プラスチックの実験室光源への暴露方法 パート 3: 蛍光 UV ランプ」
    ASTMG53 「非金属材料露光用光・水露光装置(蛍光紫外線集光型)の運用基準」
    GB/T16585-1996 「ゴム・加硫-人工耐候性試験方法(蛍光紫外線ランプ)」
    GB / T16422.3-1997 「プラスチック~実験用光源への曝露方法~その3:蛍光UVランプ」

    主な構成:
    • UV老化試験室作業室:550*1140*450mm(L*W*H)
    • 外寸: 650*1300*1700mm (長さ*幅*高さ)
    •材質(内部および外部):304SUSステンレス鋼
    •サンプルホルダー:アルミニウム合金フレームプレート
    •コントローラー:カラータッチスクリーンプログラマブルコントローラー
    ・照射ランプ:UVA-340(オプションはUVB-313)
    •残留電流サーキットブレーカー(RCCB)により、回路の過負荷、短絡、過熱、および水不足から電源を保護します。

    仕様:
    • UV老化試験室 温度範囲: RT+40℃~70℃。 温度均一性: ±1℃; 温度変動:±0.5℃
    • 湿度範囲: ≥90% RH
    • ランプ間の距離: 70mm。 サンプルとランプ間の距離: 50±3mm
    • 放射照度: 0~1.0W/m2 調整可能。 ランプ:L=1200/40W、8個
    •試験サンプルの標準サイズ:75×290mm(特別なサイズはカスタマイズ可能)
    ・有効照射エリア:900×210mm
    • 温度、照明、結露、スプレー、テストサイクルは調整可能
    •コントローラー:カラータッチスクリーンプログラマブルコントローラー
    ・温度制御方式:PID+SSR
    • シンク深さ: 25mm 自動制御
    •テスト時間:0〜999H(調整可能)
    •照射黒板の温度:50℃〜70℃
    •標準サンプルホルダー:24インチ
    •テスターに​​は自動スプレー機能が搭載されています

    LISUN UV-263LS UV 老化試験チャンバー – 販売後の質問と回答。
    LISUN UV-263LS UV 老化試験チャンバーは 10 年以上市場に出回っていましたが、 LISUN エンジニア サービス チームは、販売後のほとんどの質問と回答を上記のリンクにすでにまとめています。 機器の使用中に疑問が生じた場合、ほとんどの問題は自分で解決できますので、よくお読みください。 LISUN このページは引き続き更新される予定です。その他の FAQ は、このトピックのリンクにあります。 

    タグ: ,
  • UVエージングテストチャンバー-はじめにVedio

    ヴェディオ
  • BS-EN-ISO-4892-1 2001 Standard無料ダウンロード ISO-4892-3 2013 Standard無料ダウンロード GB / T16422.3-1997(プラスチック材料実验室光源暴露方案-荧光紫外部分)